RAZOR SHARP

ARTICLE PAGE

ひとりぼっちじゃない

author photo

Byまな

今日でGWも終わりですね・・・
皆様、楽しいGWを過ごされたでしょうか?
この連休中、寒暖の差が激しかったせいか、ちょっとお疲れモードの管理人。
年のせいか、6時間ライブと野球観戦の疲れがなかなかとれませーん(汗)
季節の変わり目、皆様くれぐれも体調を崩されないようお過ごし下さいね。



今夜は、旧ブログに掲載していたものを…

mamiyahitori.jpg

2007年の「百裂言魂カレンダー」より…。
たった一人の弟・コウを失ったマミヤが両親のお墓に語りかけるシーン。
切ないですよね。。。

このカレンダー、日付の下に各セリフに合わせた
面白いコメントが書かれていたんですが
このシーンのコメントには、ちょっとホロリときちゃいました。

  クリスマス直前、突然の地方転勤。
  彼女が空港で見せた涙。
  今まで散々悲しい思いをさせてきたのに
  それでも笑って許してくれていたのに。
  お互い近くにいる事だけが支えだったのか。
  遠くに在りて、一度も言えなかった言葉をメールに絞る。
  「オレが戻ったら一緒に暮らす部屋を探そうな…」
   ~「遠距離恋愛の日」 ~
 2007年「百裂言魂カレンダー」より抜粋




これを、レイに変換して妄想してみました(笑)


  肉親を失った夜、あの女が一人見せた涙。
  気丈な女と思っていたが、
  やはり、一人になるのはつらいだろう。
  あの女の涙は 餓えた狼のようなおれに
  失った何かを思い出させてくれた。  
  おれは心に決めた。
  あの女のそばにいよう… そして守り続けよう。
  この命、続く限り・・・  

  ~「決意の日」~




Image461.jpg


両親の墓前で一人涙するマミヤを黙って見つめるレイ…
マミヤはレイに気付いていないけれど、二人だけに流れた静かな時間。
レイの中で何かが変わった瞬間でもあったのだと思います。

今まで「女戦士」として気丈に振舞ってきたマミヤ。
そんな、マミヤの真の姿を見たレイ。
この瞬間、レイの中で義星の魂が蘇り、
人間としての自分を取り戻したのではないでしょうか。
そして・・・
マミヤを見守ると同時に、一人の女として愛することに・・・。

何度も書いてますが、二人のエピソードの中で一番好きなシーン。
言葉はなくても、心に伝わる物があります。
この出来事がなかったら・・・
レイは牙一族のアジトへ向かうこともなく、アイリの行方もわからないまま
餓えた狼のように、再び荒野を彷徨っていたかもしれません。
このシーン、地味ながらも二人にとっては大切なエピソードだと思ってます。
やはり二人は "出会わなければならない運命" にあったのではないでしょうか。
(相変わらず病気だ・・・)





tenshi03.gif

リンクに「黒馬寺」さん(管理人・平井 新様)をお迎えしました!
久々に出会った硬派な北斗イラストブログさん♪
「北斗の拳」のオールキャラを扱ってらっしゃいます。
ほぼ毎日更新されている日記と北斗イラストとのコラボがたまらなく面白い!!
是非、遊びに行ってみて下さいね!!
これからも宜しくお願いします!!


拍手とっても嬉しいです♪ 
heart-ani01.gif
 Thanks.gif
拍手&クリック有難うございます!
とっても励みになってます。また遊びに来て下さいね♪ 





続きで今日聴いた1曲♪
 
 ほら、ここにいるぜ・・・




ひとりぼっちじゃない・・・仲間がいるのさ・・・♪

オノ・ヨーコも絶賛した清志郎の素晴らしい詞に感動…。




* 追記 *

『イマジン』のラスト、「僕らは薄着で笑っちゃう~♪」
元ネタはコチラ↓『窓の外は雪』 名曲です☆

【ニコニコ動画】B面コレクション「窓の外は雪」










Comments

神威  

私も感動~~(;_;)

イマジンを和訳して歌っているのはいくつか聴いたことはありますが、
今までの中で一番感動しました。
オノヨーコが絶賛するのもうなづけます。
ジョンレノンが反戦の歌として作ったこの曲が伝えたかった事を、清志郎は見事に日本人の私たちが聴いてダイレクトに響く歌に仕上げてますよね。
「薄着の僕らは笑っちゃう」っていうところも好きです。
いっぱい着飾ったり、武装していたり・・・そんな垣根をとっぱらえればひとりぼっちじゃなく、仲間がいることに気付けるのに。
動画とMP3の両方を保存して、i-Podに入れます(*^^*)

2011/05/09 (Mon) 20:06 | EDIT | REPLY |   

まな  

>神威さん

うわ~ なんかめっちゃ嬉しいです♪

>清志郎は見事に日本人の私たちが聴いてダイレクトに響く歌に仕上げてますよね。
ホント、心に響きますよね…
「イマジン」の詞はストレートに和訳したのではなく
清志郎がジョンの歌を聴いて心で感じたままを詞にしたんだと思います。
今回のライブでは、「ゆず」がこの曲をカバーしてましたが
美しいハーモニーで、清志郎とはまた違った「イマジン」を聴かせてくれました。
オノヨーコからのビデオメッセージも流れましたよ~

「僕らは薄着で笑っちゃう~」はRCの「窓の外は雪」という曲の一部なんですが
名曲にもかかわらず、未だにCD化されていないんです。
記事の方に、ニコ動に掲載されてた動画を貼ったのでよかったらフルで聴いてみて下さい!
因みに、「イマジン」は以前こちらで紹介したアルバム『COVERS』に入ってます。
(「サマータイムブルース」「ラブミーテンダー」も入ってるのでオススメですよ!)

コメント有難うございました~♪


PS☆
ずっと気になっていたんですが… 
もしかして神威さんレイマミ苦手だっだりしますか?
今更、変な事聞いてすみません! いつもつい暴走しちゃうもんで…^^;

2011/05/10 (Tue) 00:14 | EDIT | REPLY |   

もか  

こんばんは

>二人だけに流れた静かな時間。
>レイの中で何かが変わった瞬間。

思わずジーンときてしまいました。
ふたりの出発点はまさにここですよね~
レイはここからマミヤへの愛に急速に目覚めて
『純白のケープをプレゼントしよう』と言った時には
「この女と共に暮らせたら」という想いがきっとあったかと・・・
変換したレイの独白、とてもイメージに合っています!

そしてマミヤがレイへの愛に気付くのはもっと後で、
自覚した時には帰らぬ人に(つД`)

二人は結婚はしてないんですが、心情的には近いものがあるんではないかと。
マミヤがレイ亡き後、ずっと独身を通しているのは
愛する人の面影を抱いて後家を貫く心境なのかも・・・などと妄想してしまいます。

長々と失礼しました。
またお邪魔します。

2011/05/10 (Tue) 19:10 | EDIT | REPLY |   

TOM  

素晴らしいシーンです!

あの時マミヤを見つめるレイは何を想っていたんでしょうか。

溺愛する妹のことであれほど取り乱す(家族愛を最も大切にする男)レイにとっては、弟コウを失っても人前では平然と装い、陰でこっそり泣くマミヤの気丈な強さと当たり前の脆さを垣間見た瞬間だったんでしょうね。

普通のマンガならレイが先に墓地から立ち去り、主人公ケンがマミヤを見つめるという構図が一般的のような気がしますが、ここでレイとマミヤに焦点をあてる所がイイです。
台詞がなく絵だけで表現してるのが素晴らしいですね。

家族を大切にする男レイは良きマイホームパパになるでしょう。

月・水・金は定例家族会議。

子供「パパ、今日友達と遊んでいい?」
レイ「ダメだ。毎週日曜は家族でバーベキューと決まってるだろうが」

マミヤ「あなた、今日会社の同僚と飲み会があるから」
レイ「何言ってる、毎週金曜は俺と映画観にいく日だろうが」

2011/05/10 (Tue) 19:57 | EDIT | REPLY |   

神威  

苦手じゃないですよ~(*^^*)

こんばんは~(*^^*)
今回は、状況的にも清志郎にターゲットを当ててしまったんですよ。
レイマミが苦手なわけじゃないんです(^^;
レイマミは自然に応援したくなるし、切ないし、好きなカップルの1つです。
ケンユリ見てる方が苦手かも(笑)
ケンユリよりは、レイユダの方がまだ好きだったり・・・(○゚ε゚○)プププギャグ的にもだけど、意外に一途なユダが可哀想になっちゃいました。

2011/05/10 (Tue) 20:17 | EDIT | REPLY |   

まな  

>もかさん

こんばんは。
お返事遅くなってすみません!!

レイとマミヤ、出会いはあんなカタチ(笑)でしたが
出発点は、やはりこのシーンですよね。
レイは、この時のマミヤの脆さを知っているからこそ
女を捨て戦士として戦うマミヤに、もう一度 "同じ事" をして
女である事を自覚させたかったんでしょうね。
(となると最初のセクハラは・・・^^;)

>二人は結婚はしてないんですが、心情的には近いものがあるんではないかと。
私もそう思ってます!!
マミヤはレイを失って初めて自分の本当の気持ちに気付き、
その後、日に日にレイへの想いが募っていったのだと思います(切ない)
独身を貫いたのは、マミヤの心にずっとレイがいたから…
レイ亡き後、"レイ以上の男" が現れなかったというより、
"レイ以外の男" は考えられなかったからではないでしょうか…。
レイとマミヤ・・・妄想は尽きませんね(笑)

「マミヤ外伝」連載してくれないかなぁ~♥


またそちらへもお邪魔させて頂きますね!
コメント有難うございましたw

2011/05/11 (Wed) 22:25 | EDIT | REPLY |   

まな  

>TOMさん

こんばんは!
お返事遅くなってすみません!

このシーン、セリフがないだけに色々と妄想してしまいます。
この時、レイはアイリが生きているかどうかもわかっていないので
たった一人の肉親を失ったマミヤと自分を重ね合わせていたのかもしれません。

>弟コウを失っても人前では平然と装い、陰でこっそり泣くマミヤ
肉親を失った時でさえ人前で涙を見せなかった気丈な女、マミヤが
レイとの別れでは、人目を憚らず号泣していましたよね。
マミヤのレイへの気持ちは言葉では描かれませんでしたが
あの涙が、答えだと思っています。
二人の出発点、そして別れ・・・
どちらも会話はありませんが心に伝わるものがあります(涙)
(別れのシーンはレイが一方的に話すだけなんですよね)

>レイとマミヤに焦点をあてる所がイイ
私も、普通なら主人公があの場に残ってと思いました。
この時点で作者は二人の悲恋を描く構想だったのでしょうか。
二人の愛の結末がわかっているだけに
このシーンは何度観ても感慨深いものがあります…。

>家族を大切にする男レイは良きマイホームパパ
笑わせていただきました~!!
亭主関白を装ってるけど、結局マミヤさんの尻にしかれてる感じ(笑)
過去には女性問題とか色々あったと思われるレイだけど
マミヤさんと出会ってからは、マミヤ一筋!絶対浮気はしない!
子供も溺愛しそうですね。男の子だったら二人でマミヤの取り合いとか(笑)

コメント有難うございました~!

2011/05/11 (Wed) 23:06 | EDIT | REPLY |   

まな  

>神威さん

こんばんは!
お返事遅くなってごめんなさい!!

今更変な事聞いちゃってすみませーん(汗)
でも、レイマミ応援派で安心しました。
サイトを徘徊しているとレイ好きさんでもレイマミNGって方を見かけるので…
(だいたい、ヤ●イ系さんですが・・・)

ケンユリ… 最初から相思相愛のせいか、なーんか萌えないんですよね(笑)
登場人物のほとんどが、眉毛LOVE&ユリアLOVE設定なのも如何なものかと・・・
レイ←ユダはオフィシャルですからね(笑)
ヤ●イが苦手な私でも、これだけは許しちゃいます!
ユダの気持ちに全く気付いていないレイもイイ!
何かとお笑いネタにされちゃうユダちゃんですが、
愛する?漢の胸の中で最期を遂げる事ができたのだから、幸せだったと思います♥

そういえば、震災から今日で2カ月ですね…
大きな余震は減りましたが、気をつけてお過ごし下さいね!
コメント有難うございました♪


2011/05/11 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   

TOM  

そういえば・・・

アニメ版で、コウの遺体の前でみんなが悲しんでいる所で
リンの「ハッピー・バースデイ~ディア、マミヤさ~ん♪」
にはビックリしました・・。

今でいうKYな子ということなんですね。

<追伸>
本館の「オフィス十字陵」パリコレウォーキング、面白かったです!

2011/05/12 (Thu) 12:18 | EDIT | REPLY |   

まな  

>TOMさん

こんばんは!

ありました!ありました!(笑)
あの「ハッピーバースデー」にはドン引きですよね…ちっともハッピーじゃないしv-12
確かコウはマミヤさんのバースデーケーキにのせる苺を摘みに出かけていた設定で
その苺をリンがケーキにのせながら歌っていたような記憶があります。
あの雰囲気の中「ハッピーバースデー」を歌えるなんて、本当に恐ろしい子(苦笑)
子供とはいえKYすぎる~!!
原作では、マミヤの誕生日ではなくコウの15歳の誕生日なんですよね。
なんで設定変えちゃったんでしょう?

>「オフィス十字陵」パリコレウォーキング
本館の方も覗いて下さって有難うございます!
DD北斗のレイがモデル設定だったことがきっかけで考えたネタなんですが
レイの件で一旦削除しちゃったんですが、気にいってたんで復活(笑)
楽しんでいただけてよかったです!

2011/05/12 (Thu) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply