フッ...だがまだ生きている

ご無沙汰しております...!
1か月も更新サボってしまいましたが元気です !!
長い事続けていると、たまにスイッチが切れちゃうことがあるんですよね...(^^;)
そんな時は野球観戦でもしてリフレッシュ! と思ったものの
ご贔屓チームが弱すぎて、更にストレス溜まりました(笑)
最近ようやくチームも浮上してきたので、私も頑張らねばッ !!





B01DE0B69Q月刊コミックゼノン 2016年 07 月号 [雑誌]
徳間書店 2016-05-25

by G-Tools

前回の記事では、ハイテンションで「DD北斗の拳」のレイマミ幸せ話を紹介しましたが
(興奮のあまり完全ネタバレすみませんでした…)
昨日発売のゼノン7月号で、衝撃発表がありました...。

IMG_2571.jpg

えっ??? まさか... 今回の話の最後が何気にシリアスだったけど...
信じられず、編集後記を見るとカジオ先生のメッセージが…
連載開始から5年...「DD北斗の拳」、次回ついに最終回...!
とうとう最後のトキが来たらしい...

初期『DD北斗之拳』のフラッシュアニメ、「R25」4コマ漫画連載時代から
ずっと楽しませて頂いた作品だけに本当にショック... 
月に一度の楽しみだったのに~淋しすぎる...(号泣)
でも、最後に原作では叶わなかったレイとマミヤの幸せなお話を観ることができて本当に嬉しかったです。
原作愛溢れる素敵なお話を描いて下さった カジオ先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

次回の最終回はどんな展開になるんでしょうか?妄想が止まりません!
きっと、これまで登場したキャラ総動員で盛り上がりそうですね。
レイとマミヤは「新婚夫婦」として登場???
もしくはレイとマミヤの結婚式が舞台で、他のキャラ達が招待客として登場とか?(←痛)
淋しいけれど、次回、凄く楽しみです!

   『DD北斗之拳』コミックバンチ掲載時のキャラ設定は y-b06.gif コチラ
   フリーペーパー「R25」掲載の4コマ漫画『DD北斗之拳』レビューは y-b06.gif コチラ

『DD北斗之拳』のレイさんは、カリスマモデルだったけど、
漫画版『DD北斗の拳』では職業不明ですよね~
時代劇バージョンでは隠密だった気がするので現代版ではスパイってことか?
DDレイさんの性格からしてかなり無理があるけど(笑)



コミックゼノンは創刊号から、付録が原因で売切になってしまった一冊(この時は電子書籍を購入)を覗いては
欠かすことなく購入していましたが、DDが終ってしまうと北斗関連作品の連載がなくなってしまうんですよね。
正直、「DD北斗の拳」のためだけに購入していたようなものなので
今後は「イチゴ味」の出張版か北斗の外伝が掲載された時だけの購入になりそうな予感…。



⇩ カジオ先生のTwitterメッセージ         


原作以外は読まない、観ない、認めない…という方もいらっしゃるかもしれませんが
漫画版「DD北斗の拳」は原作愛に溢れています!
まだ読んだことのない方は、是非とも読んでほしい作品です。




 パチンコCRDD北斗の拳 スペシャル公式サイト
アニメ版「DD北斗の拳」がパチンコで登場!
サイトはまだ準備中ですが、スペシャル動画が公開されています。
画像を見るかぎり、一期のアニメのようですね。
レイの台詞が貴様らの血は何色だー!」 になってるけど、「てめえら」はNGってこと?
水着姿のマミヤさんが気になる~ 








拍手とっても嬉しいです♪ 
heart-ani01.gif
 Thanks.gif
更新停滞中も拍手有難うございます!本館の方にも嬉しいです。
これを励みに頑張りますので、これからもどうぞ宜しくお願いします♪ 



4 Comments

TOM  

ショック!!

北斗関連の楽しみといえばイチゴと、このDD北斗だったのに…!
DDはたまに見れるリアル絵が好きでした。ギャグも面白かった。
(一度でいいからジャギのリアル絵を見たかった。。。)

ですが、この漫画は何度でも楽しめるのでこれからも重宝します。

最近はまたアニメ北斗をずっと観ていました。
(たまに見るとやめられないんだよなぁ…)

作画崩壊もありますが、やはりここぞという回はビシッと決めますね。
ラオウがマミヤの村に登場の回、ラオウの凛々しさ、威厳、迫力、素晴らしかったです。
あとレイvsユダの勝負の決まる回、作画・演出凝ってますよね。
珍しいタッチの絵でしたが、作画監督は「赤毛のアン」などの名作劇場の場面構成を数多く手がけた桜井女史!

アニメのジャンルは違いますが、レイvsユダの回のためにこの方を呼んだのかなと思いました。
レイ・ユダ・マミヤの表情が緻密に表されていましたね。とても好きな作画です。

個人的にマミヤが一番美人と思える作画は、ケンがマミヤの村を去る場面ですね~。





2016/05/27 (Fri) 13:52 | EDIT | REPLY |   

まな  

>TOMさん

こんにちは!
コメント有難うございます!!

DDの最終回... 一瞬目を疑いました...(泣)
とうとう北斗関連作品は「イチゴ味」だけになっちゃいましたね。
前回のレイマミ話は、レイが何度もリアル絵で登場しているのでコミックスが出たら必見ですよ~
ジャギのリアル絵は一度もなかったですかね?
私はDDのデフォルメジャギが可愛くて好きです~何気にイイ奴ですしね(笑)

>アニメ北斗
一足先に村に戻ったレイの「てめえらの血は何色だー!」あたりからラオウ戦…
回を跨いで作画が違った記憶があるんですが、どちらも迫力ありました。
塩沢さんの台詞の言い回しも神懸ってましたよね!!
レイvsユダ~は、原作に近い作画と演出が素晴らしかった!!
特にレイとマミヤの別れのシーンでマミヤとバラの花を重ね合わせたり
飛び散るレイの肩当と供に水鳥の羽根が舞い上がる映像は本当に美しく、せつなくて…
この辺りはBGMも素晴らしくて何度観ても涙、涙です。。。
作画監督さんは有名な方だったんですね。アニメスタッフさんの原作愛を感じます!

>ケンがマミヤの村を去る場面
当初、あの時のマミヤの涙を見て、ケンへの想いが残っていたのではと思った事もありました。
でも、あの涙にはもっと深い意味があるのではないかと・・・
あの時、マミヤの脳裏に、レイ、ケンとの出会い、闘い、そしてレイの最期…今までの出来事が走馬灯のように蘇り
ケンが村を去ったことで、自分自身の"戦い"に終止符を打ったのではないかと思いました。
(語彙力不足ゆえうまく言葉にできなくてすみません・・・(^^;)

「私に命を捧げてくれたレイの想い出とともに...」
マミヤの台詞がとてもせつない...
レイの愛を受け入れて"女"の姿になっていたように見えました。

あの時のマミヤの涙・・・TOMさんはどう思われましたか?

2016/05/28 (Sat) 10:56 | EDIT | REPLY |   

TOM  

同感です。

牙一族による村全滅の危機から救ってもらい、
拳王をも退かせ、ユダの脅威を払拭してくれたケンとレイ。

ひとりは一時魅かれ、ひとりは自分を愛してくれた漢達。
二人には恩もあり、マミヤの人生で一番濃い時期を過ごした戦友たち。

レイからの愛、レイへの愛を感じながらも、当然ケンを男性・異性として
見ているでしょうし、かけがえのない存在ではあるでしょう。
ケンの旅立ちは今生の別れかもしれない。

ケンを好きだからでもなく、ムッツリトキの世話が苦痛だったのでもなく
自分の登場出番がなくなることの涙ではない。

レイが全てを託し命を懸けた男ケンシロウ。
マミヤにとっては青春の幻影…、あの涙はそういう涙だったのでしょう。


ラオウの突いた新血愁、自分の敵を瞬殺はせず、あえて残酷ともいえるあの秘孔は
武を極めた男たちを試すためだったのでは?
恐怖と絶望に嘆き苦痛に耐えかね自害するのか、それとも武芸者として残りの生涯の身辺整理をするのか、各々に決めさせたのだと思います。
「迫る死と苦痛を以って、今一度拳法家として本懐を遂げよ」
というまさに「拳王」のやり方だったのでしょう。

レイマミストーリーテラーがユダなら、企画発案はラオウなのです。
あの3日がなければ、レイマミストーリーは存在しなかったのだから…。

2016/05/29 (Sun) 17:19 | EDIT | REPLY |   

まな  

>TOMさん

こんばんは!
お返事ありがとございます~(*^^*)

TOMさんの考察、秀逸過ぎます!!
やはり、あの涙は深いですよね...

>マミヤの人生で一番濃い時期を過ごした戦友たち
二人との出会いから別れまで… 短い時間だったかもしれませんが
マミヤにとっては生涯決して忘れることのない深い時間だったでしょうね。
レイ、ケンと共に行動するうちに、次第に女の心を取り戻していったマミヤ。
二人に出会わなければ女を捨てたまま、ただの戦士として一生過ごしていたかもしれません。

>ケンの旅立ちは今生の別れかもしれない
>レイが全てを託し命を懸けた男ケンシロウ
アニメ別れのシーンでは、立ち去るケンに何か言おうとしてこらえるような仕草をするマミヤの姿が印象的。
この時、マミヤにとってケンシロウの存在は、ともに戦った同志だったと思いますが
一度は想いを寄せた人でもあり、愛するレイの親友...
もう二度と会えないかもしれない... レイとの思い出を語り合うこともできない...
いろんな思いが脳裏をよぎったのでしょう... とてもせつないシーンです。
レイが生きていたらマミヤと二人、笑顔でケンシロウを見送っていただろうに...(泣)

>レイマミストーリーテラーがユダなら、企画発案はラオウなのです。
なるほど!!深いです。
確かにあの「3日間」がなければ、これほどレイマミにハマらなかったかもしれないです。
その残酷な"企画発案"を受け入れ、最期まで愛する者たちの為、義の宿命を全うしたレイの壮絶な生き様は
拳王の恐怖伝説をもかき消した...
ラオウの思惑は見事に裏切られたのではないでしょうか。

「南斗水鳥拳伝承者レイ・・・見事な最期だった・・・ この勝負、おまえの勝ちだ・・・」

2016/05/30 (Mon) 02:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment