時を経て... 

※6/18追記あり

鬱陶しい梅雨の季節...蒸し暑い日が続いていますね。
本日はそんな梅雨のジメジメ気分を吹き飛ばすような勢い、
ド迫力のラオウが表紙 『北斗の拳 トリビュート号』 を今更ながらご紹介!
最新情報どころか10年前のネタですみません!
(ブログでは紹介していなかったので備忘録として残しておきます...)

hokuto2006.jpg

2006年4月に発売された『増刊コミックバンチ 北斗の拳 トリビュート号』
2008年の25執念に向けて、劇場版&OVA「真・北斗の拳」シリーズ5部作の公開が決まり、
様々なイベントが行われていた時期でした。(「ラオウ昇魂式」とか「結魂式」とかね)
付録は原先生描き下ろし レイ&マミヤ美麗ポスター
レイの逞しい上腕二頭筋とせつない表情のマミヤさんが本当に美しい…
哀しい構図ですがレイマミ好きとしてはたまらない!!
保存用にもう一冊買っておけばよかったと未だに後悔しています。

他には「レイ外伝」の読み切り版(後日紹介させて頂きます!)や、
人気作家さん達が北斗の世界を描くコラボ企画も掲載されています。
今回はレイとマミヤさんを・・・!

IMG_2582.jpg

どちらの作家さんも存じ上げなかったのですが(スミマセン)
北斗の拳を敬愛する作家さん達が描く北斗作品を見るのも楽しいです。
レイとマミヤが見開きで並んでいるだけで嬉しかったり・・・(編集さんGJ!)
美形レイさん、女性作家さんだからか、かなりシャープに描かれていますね。
身長185㎝体重100kgとはいえ、北斗のメンズの中では細いイメージ(笑)
余談ですが、北斗のキャラ達の身長って、連載当時の設定だけに今だとそれ程高く感じないです。
時代に合わせて高身長に再設定してもいいような・・・。

黒髪のマミヤさんはなんだか新鮮!太腿のムチムチ感がいいですね~ 
(純白のおぱんつと後方の眉毛さんは気にしない...笑)
個人的にマミヤさんは美麗なおっ〇いよりムッチムチの太腿が好みだったりします(変態オバサン)
でも、現在の原先生が描いたら華奢なマミヤさんになっちゃうんだろうな...



巻頭には、当時公開中だった劇場版「ラオウ伝 殉愛の章」が紹介されています。
IMG2580.jpg

ケンシロウ役が阿部ちゃんと聞いた時は(容姿も含め)意外と合ってるんじゃない?
と思いましたが予想を裏切らない演技で、阿部ケンちゃんのファンになりました。
(阿部ちゃんはケンシロウより身長が高いんですよね~)
一方、ラオウ役の宇梶さんは当時かなり不評で...
自分はそれほど違和感はなかったし、凄く熱演されていたのでちょっと気の毒でした。
ラオウは内海さんのイメージが強すぎるので、誰が演じても難しかったのではと思います。

ラオウに密かに想いを寄せる幼馴染のレイナ(北条先生デザインのオリキャラ)・・・
拳王親衛隊長としてラオウを支える勇姿は美しく、どこか儚げで魅力的でした。
『激闘の章』のラストは涙なしでは観れません・・・。 (柴咲さんの演技は置いといて)
約束の場所でラオウの帰りを待つレイナの前に静かに現れた黒王。
その背に最愛の人の姿はなく、遺灰だけがレイナの元に・・・
「おかえりなさい・・・ラオウ・・・」 
変わり果てた最愛の人を優しく包み込むレイナの姿に慈母の愛を感じました。
彼女がリュウの母親だったらしっくりくる気がします。


5部作でレイが登場するのはOVAの「ユリア伝」のみ。(他作品で幻影での登場はあり)
登場して間もなく、五車星に捕らわれ逆さ吊りにされたり鎖に繋がれたりと
兎に角酷い扱い!(しかもあまり美しくない) 一応、南斗六聖拳の一人なんだぜ~
そういえば、ユリア役の女優さんの棒読みは酷かったなぁ~(女優さんとしては好きなんだけど)

このシリーズ、残念ながらマミヤさんが登場しないのでレイとマミヤのエピソードはありません。
その変わりにレイが自身の白髪を切り、最後の将に渡してほしいとトキに託すオリジナルエピソードがあります。
自分をケンシロウと引き合わせてくれた将への感謝の証として・・・。
このエピソードを観て、レイの白髪はユリアではなくマミヤへ・・・ と何度思ったことか。
旧劇場版、真・北斗シリーズ、どちらもマミヤさんが登場しないのが本当に残念。
マミヤさんなしでレイは語れないと思うんですよね...。
たぶんレイとマミヤのエピソードは主人公とヒロインを食ってしまうからなんでしょう!
今まで、マミヤさんが一度も映画に登場していないのは(ついでにユダも)
レイとマミヤ、愛のエピソード映画化プロジェクトが密かに進められているからだと信じたい!(←痛!)


シリーズで一番のお気に入りは「トキ伝」
見守る愛を貫いてきたトキ・・・そんなトキを愛し陰で支える女性がいたら・・・と
ずっと思っていたので、オリキャラ・サラの存在は凄く嬉しかったです。
(やはりヒロイン役はプロの声優さんがいいですね)
ラストシーンはもうウルウル・・・・余生は二人で静かに暮らしていたらいいな…。
テーマ曲「花守の丘」もトキのイメージと合っていて感動モノです!

        
 



「真・北斗の拳」シリーズは梶浦由記さん手掛けるサントラが素晴らしいのでお勧めです♪
 
  真救世主伝説 北斗の拳 ORIGINAL SOUNDTRACK
  レイの登場シーンは和のイメージ 「Beat 'em All」
  レイの生き様を称え... 「He Gave Us Courage」
  シュウのテーマは名曲です... 「where the lights are」

北斗のサントラと言えばTVアニメのBGMを収録した「北斗の拳 プレミアムベスト」
こちらはアニメ北斗好きにはたまりません!!これを聴くだけで北斗の世界に浸れます!
管理人、北斗にハマったばかりの頃、毎日聴いてました(笑)
聴く度にアニメの名シーンが蘇ってきてテンション上がります!!
因みに今も聴きながら書いてます♪

  HOKUTO NO KEN TV ANIME SOUND TRACK

ここでは何度も書いてますが、レイとマミヤの別れのシーンで流れた「皆殺しのテーマ」
「明日なき旅」は聴くだけで涙... (末期症状)

最後は映画と音楽の話になっちゃいましたが、次回に続きます・・・。






6/18追記

tenshi03.gif

強敵まりぞうさん主催の 空白期間のレイマミ♡オンリーアンソロジー企画
執筆者様の受付が本日6/18(土)までとなっています!気になる方は是非!!


これからも レイマミ幸せにし隊・隊員として全力で応援させて頂きます!!








 thank.gif

拍手ありがとうございます!本館の方にも感謝です!
最近更新停滞してますが、また覗いて頂けたら嬉しいです♪




6 Comments

まりぞう  

まなさんこんばんは~!
いつもお世話になっておりますmm

このレイマミ美麗ポスターの絵、画集には載ってないですよね……!
私もこの絵とても好きです♡♡
紙媒体で拝めるまなさんがとても羨ましいです~!///
折り込みポスターでケンではなくこの二人をチョイスしてくるあたり
なかなか珍しい気がします~。他にも付録はあったのでしょうか??
これはもう公式ですね!(病ですw)

それから、まさか山下しゅんや氏のマミヤさんが拝めるとは!
彼の肉感的な女性絵が大好きなんです///


「ラオウ伝 殉愛の章」は実は私が初めてまともに観た「北斗」でした。
夜中の放送を観て「北斗って意外と面白いんだな」と思ってましたが
それから10年以上経ってここまでハマるとは思ってもいませんでした笑
表紙絵のラオウ、とてもかっこいいですね( ´∀`)

そしてまだまだ私は観れていないものが多いなと実感しました……!
この辺の映画はほとんど追えてないです\(◎o◎)/!

---

まなさんのブログはこういった貴重な情報が本当に多くて
見ていていつもわくわくしてます!
次回も楽しみにしてますね~~!
ではでは本日はこの辺にて(*‘ω‘ *)



P.S. 「皆殺しのテーマ」というタイトルはいつ見てもすごいなと感じます笑
(しかしいざ再生すると泣けてくるという……;;)

2016/06/15 (Wed) 23:31 | EDIT | REPLY |   

まな  

>まりぞうさん

こんばんは!
こちらこそいつも有難うございます(*^^*)

画集は高額だったので所有していないのですが(やはり買うべきか?)
原作「最期の炎!」(タイトルだけで泣けます…)の扉絵がこの美麗ポスターと同じ構図ですよね。
カラー&描き下ろしということで、新たに命を吹き込まれた作品は本当に美しい…☆
トリビュート号だけに普通なら主人公のケンを選びそうですが
レイとマミヤを選んでくれたことに感謝、感謝です!当時から二人は公式CPだったのね!!
もう一つの付録は表紙にも掲載されている北条先生の描き下ろしのポスターでした。

山下しゅんやさん、ご存知でしたか!
「肉感的な女性絵」・・・まさにマミヤさんは作家さんの画風に合っていたんですね。
原先生の画とはまた違った魅力を感じます。(隣にレイも描いてほしかったなぁ)

>「ラオウ伝 殉愛の章」
北斗にハマる前に観ていたとは!これはきっと序章で運命だったのかもしれませんよ!(意味不明)
このシリーズ、音楽は良かったのですが、作画が残念で…レイさんブサメンだし(笑)
5作目の「ケンシロウ伝」は完全オリジナルストーリーだった事もあり殆ど印象に残っていないんです。
劇場で一度観ただけでDVDもこの作品だけ購入してなくて(^^;)
個人的にこのシリーズはレンタルでもいいと思います。やはり塩沢さんのレイが拝める旧劇場版には敵いません!
ハマると全部制覇したくなりますよね~(笑)
私は、4巻で終了してしまったフルカラーバージョンの続きが欲しいです。(フルカラーとなるとお金がかかるんでしょうね…)

>「皆殺しのテーマ」
「レイマミ別れのテーマ」としてインプットされてるので、タイトルとのギャップが。
曲の最後にケンの台詞「お前達に今日を生きる資格はない」が入ってるのも残念で…
プレミアムベストはホントオススメです♪(記事に貼ったリンク先で全曲(?)聴けます)


貴重な情報と言っていただけて嬉しいです!(大御所様の足元にも及びませんが…)
このところ「イチゴ味」や「DD北斗の拳」の記事ばかりだったので
過去の古い作品で紹介していないものを記事にしていこうかと思っています。
最近北斗にハマった方も多く見かけますしね!また、北斗の謎?にも触れてみたいです。
まりぞうさんもアンソロ企画頑張って下さいね!
こちらかも応援させて頂きます!!

ではでは
またお気軽に遊びに来て下さいね♪ コメント有難うございました!
 


2016/06/16 (Thu) 02:14 | EDIT | REPLY |   

まりぞう  

レイマミ幸せにし隊!!!

こんばんは!

わああ~~~!! まなさん~~~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
アンソロ企画の締め切りのご紹介までしてくださってありがとうございます……!!!!
嬉しいです///
先日のコメントに対するコメントではなくてごめんなさい;
どうしてもお礼を言いたくて///
私もレイマミ幸せにし隊の一員として頑張りますね!!
夜分遅くに失礼しました~~!

2016/06/19 (Sun) 00:18 | EDIT | REPLY |   

まな  

>まりぞうさん

こんばんは!
わざわざ有難うございます!

記事UP時にお知らせできたらよかったんですが
締め切り当日になってしまってすみません!!
素敵企画が発表された時は締め切りはまだまだ先と思ってましたが
あっという間でしたね~
これから、忙しくなると思いますが頑張って下さいね!
参加できなかった分、全力で応援させて頂きます!!
アンソロ本の発行、楽しみに待ってます。

レイマミ幸せにし隊 まなより☆

2016/06/19 (Sun) 01:47 | EDIT | REPLY |   

TOM  

デカい!デカい!

身長185なんて充分立派ですよ!
(たしかシュウやサウザーは180ちょいだったような)
どうしても腑におちないのが、「ジャギ179cm」がまかり通ってる事実です。
…ジャギってケンより少し高いイメージですよね!?

ユリア伝のレイ…、まあ、あれは3人がかりですもんね~。
OVAは、原作の裏側の話を期待したのですが、少し物足りない感じですね。
「ケンシロウ伝」…あれはないわぁ~…
僕もあれはほとんど記憶にないです。。

ラオウ伝にしても、どうせやるなら修羅の国に渡ったトキの話とかが良かったです。
(おそらくハンはそこでラオウの技を見ている)

真・北斗無双はそういうとこ上手に見せてくれましたね。

2016/06/19 (Sun) 14:19 | EDIT | REPLY |   

まな  

>TOMさん

こんばんは!
コメント有難うございます!!

最近のモデルさんや俳優さんって180㎝以上はザラですよね。
なので、鍛え抜かれた北斗の拳士達はもっと大きくてもいいかなぁと思いまして(^^;)
サウザーは意外と小さいんですよね… 南斗六聖拳の中ではレイが一番大きい設定。
好きな野球選手がレイと同じ185㎝なんですが、近くで見た時は結構デカかったです(笑)
ジャギの身長、あえて4兄弟の中で一番小さくしたんでしょうか。しかも猫背だし。
せめて身長くらい弟より大きくしてあげたらよかったのに… なんだか気の毒ですよね。

>ユリア伝
フドウはまだしも風炎兄弟にヤラレるとは(笑)
ユリア伝はユリアよりも名犬トビーの活躍が印象強いです。
>OVA
5作あったわりには原作補完がイマイチでしたよね・・・
北斗三兄弟+ユリア中心で原作の主要キャラでもあるマミヤやユダが登場していなかったのも残念でした。
南斗聖拳や2部キャラ中心のOVAを作ってほしいです。
>「ケンシロウ伝」
少年が実は女の子だったというお約束の設定が・・・
あとは冒頭の結魂式・・・ユリア謎のご懐妊(北斗の子?)くらいしか覚えていないです(^^;)

「真・北斗無双」は原作補完がしっかりできてましたよね!
アインとマミヤが合っていた設定も面白いです。
後にアスカを預かるマミヤさんは感慨深いものがあったでしょうね…
あのクオリティで全編ムービー作ってほしいです!

2016/06/19 (Sun) 19:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment