RAZOR SHARP

ARTICLE PAGE

少年探偵団の出番だ!

author photo

Byまな


昨日、念願の
「K-20 怪人二十面相・伝」 観てきました!

  k-20.jpg


正直、金城クンが観られるだけで幸せなので
内容は、あまり期待していなかったのですが・・・
これは、ヤラレました!面白い。
日本でもこんなスゴイ映像が撮れるんだー?!

"第二次世界大戦が回避された架空の世界"
1949年 帝都(東京?)が舞台。
オープニングから、独特の映像の世界に引きこまれました。
謎の男に騙され、怪人二十面相に仕立て上げられた
サーカスの曲芸師・平吉(金城クン)。
金城クンの役名が〝へいきち" って、似合わなーい!(笑)

濡れ衣を着せられた平吉は無実を証明する為
二十面相との対決を決意。
それには二十面相の犯罪テクニックを体得していくしかないと
泥棒の修行?をするシーンは圧巻でした。
走る、飛ぶ、まるでスパイダーマンのようなアクション。
ほとんどスタントだと思いますがー、とにかく金城クンがカッコイイ!!
おまけに  コスプレ 変装技まで登場します(笑)

そんな平吉は、優しくて、正直で、正義感の強い青年。
金城クンが、時折見せる、優しくてちょっと切ない表情が
たまらない  金城ファンとしてはお腹いっぱいでありますvv


k-20take.jpg


笑いあり、涙あり、驚きあり・・・
内容についてはネタバレになるのであえて触れませんが
最後まで飽きさせないストーリー展開。
キャスティングもよかった。
お転婆で世間知らずの華族のお嬢様役の松たか子は
ハマリ役でした~ クサイお嬢様言葉?も彼女が言うと
なぜかしっくりきてしまう(笑)
明智小五郎役は仲村トオル・・・
同世代ゆえ、未だに、「ビーバップハイスクール」の
イメージなんですが(笑) コミカルな役も行けちゃうんですねー。
真顔で
「小林くん! 今こそ 少年探偵団 の出番だ!」
には、笑った。 だって "少年探偵団" ですよー。
真顔でこのセリフ、 勘弁してー(意味不明)
平吉の相棒役、國村隼さん(素敵vちょい惚れた!)の渋い演技、
その妻、高島レイ子姐さん(←だから字が違うって)の
妖艶でちょっとコミカルな感じもよかったなぁ。
子役がまた演技が上手で泣けましたー。
ちょい役で、要潤クンや嶋田久作なんかも出ていましたね。
(二十面相が変装した姿として登場)

終盤の二十面相と平吉の対決は迫力ありました。
まるで「バットマン」を観ているよう・・・(パクリではないー笑)
この映画、「あれ?このシーンどっかで観たような・・・」
と思うところがたくさん登場するんですが
それがまた、この作品の面白さでもあるような気がします。
平吉が、「白い鳩」を可愛がっているシーンは
最近観たあの映画からきてるのかなぁなんて思いました(笑)

金城クン目当てで観たこの作品、
「レッドクリフ」での "静" の金城クンもよかったですが
自分は、こちらの "動" の方が好きですねーv(日本語喋ってるし!)
金城ファンは必見ですが、家族で楽しめる映画だと思います。
CG、ワイヤーアクション、音楽、
アニメと融合しているような独特な映像
とにかくよくできてます!
エンディングは東京はゴッサムシティだったのかと
錯覚してしまうくらい(笑)
"サーカスよりも、もっと大きな舞台を選んだ平吉"
その後が気になります。
(金城クンのあの表情、犯罪だよ!)
これは是非とも、シリーズ化してほしい!


そして、お約束のどんでん返し!

二十面相の正体は・・・?

これは、絶対に言えませーーーん(笑)
興味のある方は劇場で確認して下さいね!!