-
今週の『極悪ノ華』

Vol.5
it's like preaching to the wind.

― 馬の耳に念仏 ―

オレの名はケンシロウ

"悪の宴" 真っ最中の冒頭のジャギ。
手下が、つい「ジャギ様」と言ってしまいお怒りです。

本編は、少年時代のジャギ。
夜中に道場をこっそり抜け出し、
アンナちゃんと、ボスのいるアジト(アンナの家?)へ。
不良?のアジトといえば、どうしても「金八先生」の
「スナックZ」※ を思い出してしまう…(汗)
暴走族、魑魅怒呂(ちみどろ)の溜まり場だった所。
(↑誰も聞いてねぇー)
そのアジトで仲間の一人と喧嘩沙汰になるジャギですが
アニキに止められ、危うく北斗の拳(コブシ)を
使いそうになった自分を反省します。
そこへ突然、なぞのマスク軍団の襲撃がーーー!
しかし、まだ修行中の身で北斗神拳を使う事は許されないと
自分に言い聞かせ、手を出すことができないジャギ。
「護りたいモノを護るためでも 北斗の拳は使ってはダメなのか?」
苦悩するジャギにボスが一言。

クールなボス


その言葉に励まされるジャギ。
ちょっとハードボイルド系のアニキ・・・
最初に登場した時は、彼らがジャギを悪の道へと
誘うのかと思いましたが、イイ人っぽいですねー。
やはり怪しいのは、今回登場した謎のマスク軍団。
北斗では見かけないちょっと異色なイメージですが…
ヤツらがジャギの運命を変えてしまうのか?
今回は、アジトを偵察に来たような感じでしたが
アンナちゃんを狙っているのか…?
次回は、アンナちゃんの身に危険が迫るらしいので心配です!

しかし、毎回冒頭に登場する極悪非道のジャギ。
ケンシロウに対する異常なまでの憎悪は
原作のエピソードだけとはちょっと思い難いー。
あのエピソードの他にも
何か大きな原因があるような気がします。
ケンが原因でアンナちゃんが殺されちゃうとか…???

今後の展開が楽しみになってきました♪