またまた北斗を読み返していて思ったことを一つ・・・
北斗で一番号泣したのはもちろんレイの最期なんですが
次点はシュウの最期と最終話のバットでしょうか。
で、コチラのシーン



シュウが最後に一瞬だけ目が見えるという感動シーンですが
シュウはシバが生まれる前に視力を失っていると思うので
息子シバの顔を知らないはずなんですよね…。(泣)
十人組手の時は、既に奥様がいたのかもしれませんが
あの時のケンの年齢から予想して、
シバはあの後に生まれた事は間違いない。
とすると、このセリフ
「息子シバの面影が見える…」というのは?

自分より先に逝ってしまった最愛の息子。
その息子の最期もみとることもできず
顔も姿もわからないまま死んでいくのは
シュウにとって未練だったことでしょう。
神様はそんなシュウに一つだけ願いを叶えてくれた。
たとえその姿を一度も見たことがなくても
父親ならその面影が愛する息子であるとすぐにわかったのでしょう。
このシーン、最初は、ツッコミ入れたいところでしたが
読んでるうちにまた感動してしまって、
お笑いネタにできなくなっちゃいました(汗)
北斗の拳はツッコミ所満載だけど、奥が深いですよね~w

それにしても、シュウの視力と息子の命を奪ったケンって
やっぱ、シ○ガミ・・・。(おいおい)








Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply