世紀末デカ伝説 - neta    

RAZOR SHARP

ARTICLE PAGE

世紀末デカ伝説

世紀末デカ伝説 『死兆星にほえろ!』
南曲署(みなみまがりしょ)を舞台に繰り広げられる愛と闘いの物語。
華麗に散り逝く漢達・・・(全員殉職予定?)


・南曲署一のイケメン刑事、レイ。
 愛称「セクハラ」 

 あることがきっかけでこの愛称となった。
 変装が得意。華麗な拳銃捌きは男も虜にする。妹と二人暮らし。
 イケメンだが、全くそれに気付いていない。少々天然な所あり。

・南曲署紅一点、セクシーダイナマイトボデー、マミヤ。
 愛称「ボイン(←死語)」

 男勝りの熱い女。悩殺キックが得意技。料理が苦手。
 実は奥手で、愛情表現がうまくできない。


行く先々で問題?を起こして
マミヤさんのいる南曲署に赴任してきたレイ。
ボスに、レイの世話係?を任されるマミヤさん。
二人はケンカをしながらも、だんだん心魅かれていく。
とある事件の捜査で、ホストクラブに潜入した二人。
レイはホストでマミヤさんは客になりすますが
ナンバー1ホストのユダが、マミヤさんにちょっかい出してるのを見て
本気でユダを殴っちゃうレイ。捜査はそこで打ち切り!
「あなたのせいで全部ブチ壊しよっ!」
とマミヤさんに叱られるレイ。(しょぼーん!)

妄想はまだまだ続きます。



南曲署のメンバーは ・・・

・二人の後輩バット。愛称「バギー」
 「喫茶ももいろ」のアルバイト店員、リンちゃんに想いをよせる。
 レイとマミヤに打ち明けるも、二人の天然っぷりに
 相談する相手を間違えたと後悔する毎日・・・がんばれバット!

・南曲署の長老、ベテラン刑事、シュウ。愛称「ほうじ茶」
 (山さんとか、踊る~のいかりやさん的存在)
 レイとマミヤのよき理解者。ほうじ茶と羊羹が好物。

・南曲署一のお金持ち、シン。愛称「王子」
 愛車はキャデラック。女を侍らせ出勤する勘違い野郎
 実は、好きな女にはフラれてばかり。

・仕事中も鏡を手放さない、ユダ。愛称「プワゾン」(バブル時代流行った香水)
 レイに殴られた事がきっかけで、彼を追いかけホストから刑事へ転身。
 化粧品についてはかなり詳しい。マ〇アージュがお気に入り

・本庁のエリート、サウザー。部下は「ポチマル」と呼んでいる。
 (本人はこの愛称を知らない)
 リムジンで登場する、ちょいとイヤミなヤツ。学生時代は、槍投げ選手。

・南曲署ボス、リハク。
 たまに部下への指示を失敗することがある。
 「一生の不覚」が口癖。


つづきは・・・近日公開予定????










     

0 Comments

Post a comment